他人事

彼と私は、趣味の場所で知り合いました。
そして長い友達関係を経てお付き合いをすることになったのです。
彼が試合だと言うときは、観戦席からまるで自分の事にように心臓がバクバクしていました。
そんな私を見て彼はよく後で笑ったりしていました。
また、彼が喜んでいるときは、私も一緒になってハシャギました。
悲しんでいるときは、何とかしたいという切ない気持ちで一杯になりました。
逆も然りで、彼も私に対してそんな風に接してくれていたんです。
そうした
「心の通わせあい」というものが恋愛の大きな礎となってくれていたと思うんです。
今でもその礎は大切だと考えています。
けれど、彼との交際が3年半を過ぎた頃から、そうした通わせ愛が出来なくなってきてしまったのです(汗)
同じ感情を共有することも出来なくなり(それは自然と)
彼の話を聞いていてもどこかで「他人事」のように思ってしまうことが出てきたんです。
それとシンクロするように、彼と連絡を取ることも一緒に趣味の場所に出向くこともなくなり
自然消滅という最も望ましくない形で恋愛は終わってしまいました。
どこかで他人事に思い始めたあの頃、
キチンと話し合いをすれば、同じ別れるにしてもスッキリとした気持ちで区切りをつけられたのかもしれませんね。